前へ
次へ

医療ケアを必要をしている子どもの増加

医療の進歩によって今までは助けることができなかった命も助けることができるようになりました。しかしそれが必ずしもよいこととは限りません。医療機器の力を借りなければ生きることができないということになってしまうと、人間らしい生活が保障されないということになってしまいます。生きる権利が憲法に定められていますが、苦しいだけの状態を維持するのは果たして人間らしい生活と言えるのかどうか、ということも考えなければいけません。特に子どもの場合、親はどんな形であっても生きていてほしいと考えるでしょう。しかしそれが子どもにとっての幸せなのかどうかを考える必要があります。親のエゴで治療を受けさせる、手術を受けさせるという場合がとても多いです。中には医療ケアを必要としている子どもを育てている自分に酔っているような親もいます。ブログなどで自分の子どもの状態を公開するというのは、同じ症状を抱えている親にとっては参考になることが多いかもしれません。しかし挿管をされている時の姿をブログで公開するなど、本当にその子どもが喜ぶのかということも考えなければいけません。特に深いところまで考えもせずに写真を公開している人もとても多いです。医療ケアがなければ生きていけない子どもの中には完治をしない子どももいます。今の状態を維持するためだけの呼吸器装着という場合もあります。もしも安全のために入院をしているようなことがあった場合、確実に助けることができる子どものためのベッドを空けておいて欲しい、と考える人もいるでしょう。色々な子どもがいますが、まずは医療ケアが必要な子どもが本当にそのケアを望んでいるのかということも考えるべきでしょう。もう解放してほしいのに、親のために頑張ってしまうような子どももいるので、本当にそれが幸せなことなのか、という部分まで考えた上で延命治療を行うべきなのかどうかをしっかりと検討をしなければいけません。

いわき市整体といえば、1回で効果があると評判のこちら!
施術を受ける前より、身体が軽くなった等感謝の声がたくさんです。

骨折治療も可能な加藤整骨院
腕や足の骨折なら一度町田の当院にお越しください

顔のしわ・たるみをきれいに改善できます
電気を使用した美容鍼で顔のリフトアップを行います。

柔道整復師とは?

お子様でも通院しやすいクリニック
生活環境や家庭環境など様々な観点から診療を行い、症状を改善へと導きます。

Page Top