前へ
次へ

がん治療の手順に変化あり

日本人の半分くらいがガンにやられるといわれる昨今、がん治療は早期発見による治療が非常に大事ですが、昔と違って現在の治療の手順には多少の変化がみられます。がん治療は患者の状態で治療の仕方が異なる場合もあるので一概には言えませんが、かつては手術してから抗がん剤治療を行うこともありましたが、現在はその逆を行っている場合もあります。というのは手術をして悪い部分を除去してしまうと、その後はかなりの体力を奪われてしまい、自然治癒力による回復が衰えてしまい、抗がん剤治療による副作用に耐えられにくくなるからだとされています。そこで体力があるうちに抗がん剤治療を先に行ってがん細胞の悪い部分を少しでも少なくし、そこである程度の状況改善を見て手術に踏み切ろうというわけです。抗がん剤治療を行うと副作用として貧血や食欲不振や発熱などの症状が何日後からか一定の期間に表面化するようになります。患者次第では食事をしようとしても吐き気が出て食べられないなんて人も出てきます。

Page Top